es-navi(エスナビ)とは、
エスキスに特化した一級建築士製図試験の受験指導サービスです。

『es-navi合格パック』とは?

時間をかけても
あなたのエスキスレベルが上がらないのは
フィードバックを怠っているから。

さあ、図面を広げましょう。

今の自分がたどり着いたそのプランから、
あなたは何を学び取ればよいのでしょうか?

『es-navi合格パック』は
最適なアウトプットのための自学ツールです。

『es-navi合格パック』に含まれるもの

  1. がっちり合格ノート
  2. エスキスワークブック
  3. Myカルテ
  4. 動画解説

がっちり合格ノート

一級建築士製図試験 『がっちり合格ノート』でエスキースコントロール力アップ
「がっちり合格ノート」で

「がっちり合格ノート」で

  • 良質なフィードバック学習ができる
  • 課題をときっぱなしにしない!次につながる自学を実践できる
  • 自己プランの問題点の見つけ方と改善方法がわかる

あなたは正しい受験勉強ができいますか?

スタディ・ラボは、適切にアウトプットできることを目標にした学習を「正しい受験勉強」と定義しています。

適切なアウトプットのためには、インプットよりもフィードバックに重点を置くべき。

「がっちり合格ノート」には、製図におけるあらゆるミスの原因を研究し、
時間内に手戻りなく合格プランを完成させる方法をとことん追求する思考過程が書かれています。

「正しい受験勉強」とは、自分のミスにとことん向き合うこと。
「がっちり合格ノート」を読み込めば、ミスへの向き合い方と解決策が分かります。

一級建築士製図試験 『がっちり合格ノート』でエスキースコントロール力アップ目次

<目次>

  • 1:再び受験するときのために
  • 2:自分に欠けている部分を探る(ノートと思考の解説)
  • 3:課題分析と自己分析
  • 4:手戻りのないエスキスとは(分析からの考察)
  • 5:同じミスを繰り返さないための対策
  • 6:エスキス・作図で直面する問題の解決策
  • 7:巻末付録-1『がっちり合格ノート』流 エスキス解説 <基準階編>
  •     巻末付録-2『がっちり合格ノート』流  面積検討  <コマによるボリューム検討の考え方>
  • 8:終わりに

エスキスワークブック

「エスキスワークブック」で

「エスキスワークブック」で

  • 平成30年本試験をカンタン自己分析!
  • エスキスの弱点を可視化!
  • 課題分析から、プランニングの選択根拠を明確に!

プランの良しあしは、エスキス力で決まります。だからこそ作りたかった実践的なワークブック。

エスキス強化に特化したこのワークブックでは、試験の自己チェックの結果を「本番対策」と「改善」に活用し、短期間で効率的にエスキス力と判断力を身につけます。

ワークブック内の課題分析ワークシートは、3回分を無料で添削しています。

合格者ワークシート添削サンプル

2018年合格者が提出した5回分のワークシート添削です。
回を重ねるごとにエスキス思考が深まり、理解度が上がっているのが分かります。

5回以上のワークシート添削を受けた受講生の合格率は100%

(この受講生は6回のワークシート添削を受けました。他、過去問・オリジナル課題添削も計6課題受けています。)

ワークブックの効果 

解いた課題に対するフィードバック学習を実践することができます。

  1. 本試験自己チェックから現状課題を把握!
    (自己分析)
  2. 昨年のミスから学習計画を作成!
    (やることリスト、Myカルテ)
  3. 無意識に行っている判断の誤りを矯正!
    (自己フィードバック、ワークシート)

課題分析では、分析対象を6つにしぼり、合格プランへの正しい思考を学びます。
合格プランには、プランニングのキーを決定するための判断根拠が隠れています。

ワークを実践することで決定力が身につきます。

  • ①敷地図
  • ②設計条件
  • ③機能図
  • ④ゾーニング
  • ⑤解答例
  • ⑥コマ計算

<目次>

  • 1:平成30年本試験課題「健康づくりのためのスポーツ施設」の自己分析
  • 2:課題分析ワークシート(3回分を無料添削)
  • 3:機能図の練習
  • 4:フリースペース (5mm方眼のワークスペース)

Myカルテ

一級建築士製図試験 『がっちり合格ノート』でエスキースコントロール力アップes-naviとは
「Myカルテ」で

「Myカルテ」で

  • 手引きに沿って書き込むだけで、弱点の矯正カルテができる!
  • 学習進捗を見える化!
  • 試験までの残り時間を最大限に活用できる!

過去の学習内容が見える化され、試験までの残り時間も目標達成度も一目瞭然。

視覚的に全体像を確認でき、トータルの学習バランスを調整しながらスキルを強化していくことができます。
疑問やミスは「がっちり合格ノート」を確認すればOK。

それでも分からなければサポートサービスへ。

解説動画

動画解説で

動画解説で

動画解説で空いた時間にeラーニング!

  • movie01_エスキスワークブックの使い方
    (約22分)
  • movie02_本試験自己分析からわかるエスキス学習のポイント
    (約13分)
  • movie03_がっちり合格ノート解説-1【2章】
    (約24分)
  • movie04_がっちり合格ノート解説-2【3章】
    (約17分)
  • movie05_がっちり合格ノート解説-3【4・5章】
    (約27分)
  • movie06_がっちり合格ノート解説-4【6章】
    (約18分)
  • movie07_がっちり合格ノート解説-5【7章】
    (約40分)

movie01_エスキスワークブックの使い方

動画を見ながら、エスキスワークブックに本試験の自己チェックを書き込んでいきましょう。
ワークブックの課題分析シート(ワークシート)の書き込み方法についても解説しています。

movie02_本試験自己分析からわかるエスキス学習のポイント

movie01で実践した自己チェックは、movie02を参考に自分で分析することができます。
ミスの分布から、自分のエスキスの弱点を認識しましょう。

movie03_がっちり合格ノート解説-1【2章】

エスキスの手順について解説しています。
手順についてよく分かっていないという場合には、早めに視聴し、エスキス手順の全体像と、各検討項目のつながりを理解しましょう。

movie04_がっちり合格ノート解説-2【3章】

「がっちり合格ノート」に紹介している課題分析の進め方を解説しています。分析での気付きを、自分の弱点と重ね合わせ、弱点攻略に活用してください。
また、それら分析の気付きから、全体ボリューム・ゾーンボリューム・廊下係数・管理部門を、どのような形で関連づけてプランとしてまとめていけばよいか解説しています。

movie05_がっちり合格ノート解説-3【4・5章】

単純な条件を与えたモデル図でゾーニングの進め方について解説し、そこで示すゾーニングのポイントを、4章・5章で考察して得たミスからの気付きと結び付けて考えていきます。
具体的なミスの事例から生まれたエスキステクニックを、ゾーニングに取り入れることができます。

movie06_がっちり合格ノート解説-4【6章】

課題文への書き込み、面積検討、機能図の工夫を通して、エスキスの一連の流れの中で検討精度を上げる方法を考えていきます。
検討精度を上げることにより、エスキスの問題点を解決していきます。

movie07_がっちり合格ノート解説-5【7章】

解説の総まとめです。
エスキスの進め方について、巻末付録のエスキスと面積検討のサンプルを具体的な事例として取り上げながら解説しています。
movie06までで点として学んできたエスキス手順をつなぎ合わせることで、読み込みからプランニングまでの考え方を実践できます。

『es-navi』eラーニングの流れ

動画解説を参考に「エスキスワークブック」で落ちた試験の自己分析をし、何を修正すべきかチェック。
そこから学習内容や行動を修正していく。
4月以降のお申し込みなら、次のステップ2からでよい。

動画解説と「がっちり合格ノート」を参考に「エスキスワークブック」で課題分析を進める。
分析で、理想的なプラン(解答例)と自分のプランの違いを探る。
特にコマ数に着目すると分析効果大。
コマ分析・ゾーニング分析・条件分析から欠点にアプローチすると、プランが見違える。

手順を細分化して、エスキススキルを伸ばす。
学習のコツは動画解説「がっちり合格ノート」を見ればOK!
学習した内容を「Myカルテ」に書くだけで、学習の足跡とやるべきことが同時に見える化され、ゴールが見えてモチベーションアップ!

疑問があれば「サポートサービス」へ。

サポートサービス

一級建築士製図試験 『がっちり合格ノート』でエスキースコントロール力アップ個別学習指導

「es-navi サポートサービス」では

  • eラーニングを導入し、 『es-navi』の活用法やエスキスのコツを動画で指導しています。デバイスがあれば、いつでもどこでも自分のペースで学習が可能です。
  •  『es-navi』教材に関連するエスキスの質問は本試験1週間前まで受け付けています。
  • 「エスキスワークブック」と「Myカルテ」は、添削指導を行っています。(PDFデータとし、7月末日提出分までに限る。ワークシートは3回分まで。)