302546849

課題文の読み込みをなめたらアカン!

≪お知らせ≫

  • 「Myカルテ」4回目の提出 締め切り・・・8/7(日)24:00

=============================


IMG_2286

一級建築士の製図試験に向けた合格レースが始まっています。
学科が終わったことで初受験生も加わり、各学習会場はヒートアップしている頃でしょう。

私の製図2度目の夏は、エスキスの特訓をしていた記憶があります。
作図については1度目の受験の時に基礎ができていたので、限られた時間を何に使おうかと考えた結果です。

エスキスがうまくいかなかったとき、最初はプランニングがよくないと思っていました。
しかし、課題ををいくらやっても、添削コメントを復習をしても、プランニングの腕が上がった実感がありません。

 なぜ???

理由を突き詰めるうちに、問題文の読み込みとゾーニングが肝だったことに気が付きました。
いかに条件に合わせてゾーニングを進めていくかが重要だったのです。

文字にすれば当たり前のこと。

でもなんだそんなことかと思うのはかなり危険な兆候です。
実際、受験生のエスキスを見ていると、これができていない受験生が多いこと多いこと。
(そんなことかと思わずそうだよねと思ったあなたは大丈夫。このままミスなき読み込みの方法を極めましょう。)

‟条件に合わせたゾーニング”ということは、課題条件の読み取りの正確さというのは絶対条件なんですね。
そこを「見落とした!」とか、「忘れてた!」とか。
そういう甘いことを続けているうちは、来年の今の時期も苦しんでいる可能性が高い。
もしかしたら学科からやり直しているかも・・・

ぞっとしたあなた。
今すぐ読み込みのケアレスミスを完全に防ぐ方法を考えてください。


=============================
★平成28年版 一級建築士製図試験対策「がっちり合格ノート」販売中!
『es-navi』(がっちり合格ノート+Myカルテ)は、「ご購入・お問い合わせ」より。