es-navi受講生以外の参加もOK!

es-naviフォローアップミーティングの概要

製図受験生に向けたグループミーティング形式のウェブ講座です。

ワークシートを活用して自学のフォローアップを行い、
参加者のワークシートは参加者限定として講座後にウェブ上でシェアします。

自身の現状課題の明確化と、対策の構築に活用してください。

 

【こんな受験生にオススメ】

  • 自宅などにウェブ環境がある
  • 去年までの受験勉強方法に問題を感じている
  • 今年はもっとエスキスのスキルを高めたい
  • 製図学習の学習サポートを受けたい
  • 他の受験生と情報交換したい

es-navi自学フォローアップミーティング_01

日時 2/16(土)10:30~12:00
形式 ウェブ講座(PC推奨)
定員 6名
テーマ 「平成30年一級建築士設計製図試験」自己分析・課題分析の実践
参加費 2019年es-navi合格パック購入・再購入の受験生 2,000円
動画のみ再購入の受験生                2,500円
その他の受験生                    3,000円

内容

■エスキスワークブック(P2~P9)のフォローアップ

es-naviワークシートを使った実践的な製図学習支援です。2/16のウェブ講座では、

  1. 平成30年 一級建築士設計製図試験の反省・自己チェック・自己分析
  2. 平成30年 一級建築士設計製図試験の課題分析

をサポートします。
(エスキスワークブック(P2~P9)のフォローアップ)

自学のフォローアップを行い、
参加者のワークシートは参加者限定として講座後にウェブ上でシェアします。

自身の現状課題の明確化と、対策の構築に活用してください。

受講に必要な機器類

ウェブ上で行うグループミーティング形式の講義です。
wi-fiなど、ウェブ利用のできる環境下で受講可能です。

下記を参考に、双方向コミュニケーションをとることが可能な機器類をご用意ください。

 

【デバイス】

ウェブ上で双方向コミュニケーションをとることができる機器

  • カメラ付きパソコン(推奨)
  • タブレット

※スマートフォンご利用の受験生は、機器の液晶画面が小さく、
画面共有等による資料が見にくい可能性がありますのでご了承ください。

 

【その他周辺機器の一例】

映す・話す・聞くために必要な機器

  • インカメラや外付けカメラ
  • イヤホンマイク(推奨)
  • イヤホン
  • マイク

※聞き取りにくい、周囲の雑音が入る、といった場合があるので、
マイク機能付きのイヤホンマイクを推奨しています。

参加費

  • 2019年es-navi合格パック購入・再購入の受験生   2,000円
  • 2019年es-navi合格パック動画のみ再購入の受験生  2,500円
  • その他の受験生                3,000円

※動画のみ再購入の受験生には、es-navi合格パックのワークシートを提供します。
※その他の受験生には、es-navi合格パックのワークシートと解説動画(期間限定)を提供します。

お支払い方法

  • お振込
  • クレジットカード決済
  • ペイパル決済

■お支払いの期限について
予約後、メールをお送りします。
案内に沿って、メール受信日翌日から起算して3日以内にお支払いをお済ませください。

ただし、お申し込み日が開催日から起算して3日前の場合、開催前日の15:00をお支払い期限とさせていただきます。

参加受付済みの受験生へのお知らせ

受講当日までに準備してほしいこと

  1. 宿題を実践する
  2. 宿題で生じた疑問や質問があれば、ホームページの専用のアンケートフォームに内容を明記し送信する
    (開催前々日の13:00までに受付できない場合、回答の準備ができない場合があります)
  3. 上記1の宿題をpdfデータにし、スタディ・ラボまで提出する
    (開催前日の13:00まで)

【宿題】

  • エスキスワークブックのP2~P7,P9,P10、を実践し、前日13:00までにスタディ・ラボまでpdfデータを提出してください
  • 提出方法は別途お知らせします
  • P9,P10については、実践が難しければ省略可能です

【宿題の提出方法】

お知らせいただいているメールアドレス宛に、スタディ・ラボからDropboxへの招待メールをお送りします。
少ない手順で簡単に提出できるよう、Dropboxのファイル共有機能にて宿題をご提出いただきます。

共有フォルダにデータをアップロードしていただくと提出完了となります。

スマートフォン用アプリ(無料)を利用すると、机上のワークシートを撮影したものをアプリ内で自動切り取りしてくれるので
簡単にpdfデータ化が可能です。

 

※DropBoxについて

Dropboxは、アメリカのDropbox, Inc.が提供している「クラウドを利用したオンラインストレージサービス」です。

専用のフォルダにファイルをドラッグ&ドロップするだけで、データの共有が可能となります。

共有したい相手がDropboxのユーザーである必要がなく、
アカウントを持っていなくても、スタディ・ラボからの招待で共有フォルダ内のファイル共有が可能です。

宿題の提出は、スマートフォンのDropboxアプリ(無料アカウント作成)をダウンロードすると、
アプリ内のカメラ機能で撮影・自動補正が可能で、クリックひとつでpdf保存ができ便利です。

アプリから共有フォルダにデータをアップロードすることができます。

【その他】

ご不明な点がありましたら、info@study-lab.netまでお問合せください。