空調編サンプル  4

待望の(?)空調編 準備中!

『es-navi 合格パック』は

  • がっちり合格ノート
  • エスキスワークブック
  • Myカルテ
  • 動画解説

となっていますが、これに加えて、何とか『空調』を分かりやすく解説できないかなと

ずーーーーーっと考えていました。

なんと、平成30年版のes-naviサポートでは、空調についての解説が提供できそうです。

会話形式で、難解な空調設備について説明していきます。

 

生徒「製図試験の勉強をしていると、設備のことがよく分かりません。

設備って、どうやって理解していけばいいんですか?」

 

先生「そうですね。

設備に関する内容って、とっつきにくくて分かりにくいですね。

では、設備の疑問ついて、まずは「空調」から考えていきましょう。」

 

先生「空調は、室内環境をよくするために

  • 温度
  • 相対湿度
  • 気流
  • 清浄度

空気調和の4要素について管理していくものなんですね。

製図試験において細かく覚える必要はないけれど、「建築物衛生法」で数値目標が細かく決められているんです。」

 

先生「左図に、室内への供給方法の違いによって、代表的な空調方式2つを示しました。

機械室・DS・PSの要・不要は、室内を冷暖房する手段で決まるんですね。」

 

先生「上図は、空調の4要素について調整された空気そのものを運ぶので「空気方式」。

“空調機内で既に4要素について調整されている”んですね。

空調機単独で4要素全ての調整を行うのは、このタイプです。」

 

先生「下図は、冷媒による熱交換を行うことで、居室の冷暖房を行うので「冷媒方式」。

室内機では、熱の交換と湿度調整を行ないます。

清浄度の調整はできないので、室内の換気が必要になってきます。」

 

生徒「あっ、そうか!

  • 適温の空気を直接送るか
  • 室内空気自体を温度変化させるか

で、分けられるんですね。

空気式は、空気をダクトで送るからDS。

冷媒式は、冷媒をパイプで送るからPS。

なるほど~」

 

と、先生と生徒のやり取りが続きます。

ね?

よさそうでしょ?

いいものになる予感・・・

関連する機器が複雑で難解な空調について、体系的に教えられる教材にしたいです。

 

10月の本試験へ向け、あなたの製図学習の質を上げる!

エスキスでつまずいたときは、es-naviサポートサービスへ!!」

=============================

★平成30年版 一級建築士設計製図試験対策『es-navi』
図面・エスキス添削の早期特典付きパッケージ販売中!(※特典付きの受付は10/13~12/22)
詳しくはコチラ