Swimming 2477194 1280

【H30本試験】健康づくりのためのスポーツ施設-2

平成30年の製図試験の課題は

「健康づくりのためのスポーツ施設」です。

 

スポーツ施設は、大人にとっては比較的なじみある施設ではないでしょうか。

若い子はあまり行かないかなぁ。

 

公的な性格としてはスポーツセンター、

民間色の強いものとしてはフィットネスクラブ、スポーツジムや健康センターなどでしょうか。

 

スポーツをするエリアに大きな面積を使うので、ホールや共用部などはそれほど広くなく、

エントランスを入ってすぐの分かりやすい位置に受付があります。

 

受付そばには、施設利用のためのチケット購入用の券売機があって、

チケットを購入してからゲートを入り、

目的のスポーツができる部屋にいく・・・というタイプの施設が多いですね。

スポーツグッズや料飲物を販売する売店もあります。

(プール利用の人がキャップを忘れた・・・といったこともよくある話)

 

施設内では、上足エリア(裸足や室内シューズ)と下足エリアに分かれますが、

更衣室の入り口に下足箱があって、そこが履き替えラインという施設も多いです。

公共の施設であれば、ゲートで靴入れの袋を手渡され、

更衣室のロッカーまで靴を持っていくというパターンもありますね。

(これは試験的にはないかな)

 

プールには上階から見学できるスペースがあることが多いです。

公共の施設でしたら、プール上階にプールに面して監視のための部屋もあります。

その他、運動後の休憩用に和室があったり、ちょっとした食事が可能な食堂もあったりします。

 

さあ、運動がてら見学に行きましょう!

(見学がてら運動!?)

 

10月の本試験へ向け、あなたの製図学習の質を上げる!
エスキスでつまずいたときは、es-naviサポートサービスへ!!

=============================

 ■添削のお申し込みはコチラ(第一課題~第三課題 お申し込みは7/31まで)→ご購入・お問合わせ 

■ダウンロードはコチラ→es-naviオリジナル課題ダウンロード

■es-navi合格パック お申し込みは残り5名まで コチラ