【掲示板】バーチャル製図教室テスト Syoukai 1 2 1

全国どこからでもエスキス議論!「バーチャル製図教室」自学シェアも開講中

現在2週間ほどの期間を区切って「バーチャル製図教室」テスト運用を行っています。

(議論テーマ①の宿題提出は本日までです。参加者はお忘れなく!)

テスト運用は、現在10名にご参加いただき
埼玉県、静岡県、大阪府、京都府、東京都、兵庫県、鹿児島県、宮城県、神奈川県(申込順)から
ご協力いただいています。

 

自学シェアでは「バーチャル製図教室 分室」としてウェブ上にて本格運用中です。

掲示板を活用し、受講生同士でノートを見せあい

エスキスに関する議論や、ノートへの感想などについてどんどん話題が展開してきていますので

その交流を一部紹介します。

6月の自学シェアでも、掲示板を活用し「バーチャル製図教室」の分室として運営していきますのでお楽しみに!

 

+++++5月自学シェア 意見交換の一部紹介+++++

【阿見】

  • Tさん、機能図(P図)の重要性に気付いたのは大きな収穫です。
    私がホームページを開設した当初は「機能図でがっちり合格!」なるキャッチコピーで機能図の重要性を伝えてましたし、合格した年はとにかく機能図の特訓をしました。
    ここからゾーニングに拡張できるよう考察を深めてください!
    機能図に関連したことでなにか伝えたいことがあれば、皆さんどんどん会話に入ってくださいね。
    トピックも自由に作って、各々話してみたい内容を投げかけてみてください。

【受講生Mさん】

  • Tさん、自学ノートを拝見しました。機能図(P図)についてですが、各年度ごとの管理者(スタッフ)動線に着目すると、課題建物の特性を押さえて書かれてあることに気づきました。今まで利用者動線と管理者動線は明快にわけることを意識していましたが、そのくくりの強弱は年度ごとに違うことも、Tさんの機能図で読み取ることができます。
    H29のリゾートホテルは、スタッフが裏方になるのではっきりとわけますが、H27のデイサービス部門は利用者の要求室へスタッフの行き来があるので曖昧ですね。その違いを機能図に示すことができれば、ゾーニングやプランニングを有利に進めることができると感じました。これからは要所を押さえて書くことを意識していきたいと思います。課題発表後も、プログラム構成を押さえるときに、気をつけておきたい部分です。
    Tさんも、考察していくなかでの気づきがありましたら、教えていただけるとうれしいです。

【受験生Tさん】

  • Mさん、コメントありがとうございます。
    管理者(スタッフ)の利用者ゾーンへの関与の度合いによって、動線の交錯を考慮しなければいけないのではと思っております。例えば、H28の子育て支援センターでは、職員・スタッフが園児との関わりも深いため、動線も自然と交錯すると思います。H29のリゾートホテルでは、ゆったりと過ごしたいのに、スタッフと動線が交錯していたらせっかくの旅行気分が害されるんじゃないかと・・・。>そのくくりの強弱は年度ごとに違うことも、Tさんの機能図で読み取ることができます。正直、自学ノートの機能図を書いている時点では、くくりの強弱は意識しておりませんでした。上記、H28・H29の例のような事を意識しながら、機能図に落とし込んでいけたらと思っております。明快に利用者・管理者のゾーニングを分けてしまうと、どこかでプランニングに息づまる事も出てくると思いますので、実例見学をしながらそのあたりの判断する力を養っていきたいと思います。

+++++++++++++++++++++

このようにして受講生同士が互いの場所や時間にとらわれず意見交換できることは

大変貴重なものだと思います。

投稿のログは、テキストデータとしてPDFにて提供しています。
(↓クリックすると拡大)

是非、学習に活かし活発に投稿を楽しんでほしいです。

 

辛いばかりでは前進のスピードが鈍ります。

この受験期を前向きに乗り越えるための一つのツールとして気軽に参加してもらいたいです。

 

※自学シェアの受付について→es-navi自学シェア

※「バーチャル製図教室」のページは現在作成中

******************************

スタディ・ラボからのご案内は、ライン@先行でお知らせしています。
あなたのお友達登録をお待ちしています!


友だち追加

↑ クリック!

——————————————————————————————————–
エスキスでつまずいたときは、es-naviサポートサービスへ!!

2019年合格パックの動画配信が始まっています。

動画の視聴は下記URLより、【動画配信ID】と【動画配信パスワード】を入力し
ログインしてください。

■受講生専用ページはコチラ→ 受講生専用ページ

——————————————————————————————————–