スタディ・ラボについて

一級建築士製図試験『がっちり合格ノート』でエスキースコントロール力アップ勉強にはコツがある

「勉強にはコツがある。」一級建築士の受験経験を通してそのことを実感しました。

製図試験は、図面をたくさん描けば受かるものではないのです。合格するためには、戦略的に学習を進めていかねばなりません。
受験生自身がエスキスの本質を見極め、目的(合格)を達成するためのエスキス学習を実践できるようサポートし、合格を手にしてもらう。それがスタディ・ラボの大きな使命です。

ムダ勉強にあなたの大切な時間とお金を奪われるのは大きな損失です。その時間とお金は、あなた自身や家族の成長に投資してほしいのです。

取り組み方を変えるだけで、結果が大きく変わるという事実。人一倍の向上心はあるけれど勉強下手で成果がでない。そんな努力家のあなたこそ、一年でも早く一級建築士として社会で活躍してほしいというのがスタディ・ラボの願いです。

一級建築士製図試験 『がっちり合格ノート』でエスキースコントロール力アップスタディ・ラボ

代表:阿見久美(一級建築士)
スタッフ:大野奈津(一級建築士)
スタッフ:真壁美幸

主催者について

一級建築士製図試験『がっちり合格ノート』|スタディ・ラボ代表 阿見久美
一級建築士製図試験『がっちり合格ノート』|スタディ・ラボ代表 阿見久美

構造設計事務所での実務経験後に受験資格を得、学科試験2回、製図試験2回(計3年)で平成17年に合格。

学科試験は独学で突破。1年目の製図不合格の経験から、学校から与えられた課題を解いているだけでは合格が遠いと感じる。

ランクⅠのレベルの空間構成を成立させるためにはエスキスをどう考えていけばよいかを突き詰め独自の課題分析を進めていった結果、課題文と機能図を使って効率的に進めていく独自のエスキス法を確立し、翌年カド番合格。

自身の受験経験から導き出された受験生目線の学習ノウハウを掲載した「がっちり合格ノート」を2012年からインターネット販売し、合格者を多数輩出。疑問を解決していく過程と、課題分析を積み重ねた思考の軌跡が残された「がっちり合格ノート」は、他に類のない価値ある実践的な製図教材だと不合格経験のある受験生に好評。

スタディ・ラボが選ばれる理由

がっちり合格ノートは一級建築士製図試験を分析力解決力提案力でサポートします

「がっちり合格ノート」には、課題分析を通して得られたエスキス学習のノウハウをもとにした実践的なエスキス解説が掲載されています。

“ここでしか教えてもらえない”“製図試験本番の対応力を高めることができた”と多くの受験生に支持されています。
どの時期にどんな学習が必要か分かり、同様に学習を進めることでエスキスの理解が深まります。

解き方を真似るだけでは得られない“どんな課題でも応用可能なエスキス応用力”を身につけられることこそが、スタディ・ラボが選ばれる理由です。

一級建築士製図試験 『がっちり合格ノート』でエスキースコントロール力アップスタディ・ラボ