Movie06 がっちり合格ノート解説 4 20170420 3 – コピー

コマの出し方にだって意味がある

お知らせ

【エスキストレーニングゼミ】

金曜日の夜に横浜市関内にて定期開催。「機能図・外構検討・スパン検討・面積検討・ゾーニング」に分けた全6回の実践的な内容のプログラムを用意!1時間30分でエスキスの要所を押さえ、週末の自宅学習の質を上げます。第3回は6/2(金)です 詳細はコチラ


用があってお昼前に神奈川県建築士会に行ったところ、一級建築士試験の受験生が受験申し込み用紙を受け取りに続々と来ていました。

学科から受ける受験生は連休みっちり勉強したのでしょうか?学科は7月の試験まで残り10週ですね。試験範囲が膨大なので、今からドキドキかもしれませんね。

さて、今日のブログは面積について

最新の解説動画movie06でも解説していますが、面積検討で大切なのはコマ変換時の面積誤差をなくすこと。
これを分かっていないと、最終的に合計したコマ数と㎡による合計に大きな差が生じます。

何となく各要求室の面積を足しているだけになっていませんか?

何の合計面積をコマに変換しているのか分かっていないと、面積計算の意味がなくなってしまいますからね。

面積検討は、条件から想定してきた床面積でプランが計画可能かどうかを判断する重要な手順です。
その判断に廊下係数を使います。(外形とのボリューム差が分かっていれば使わなくてもいいのですが)

想定してきた面積で各ゾーンがおさまるかを判断したいので、各階の各ゾーンの合計面積をコマに変換する必要がります。

もしここで各階に各ゾーンが収まらない場合には、階振り分けが必要だと分かります。

数字にはちゃんと意味があるんですね。

面積検討でのコマ数を、次の手順(ゾーニング)に進むための手がかりにしてくださいね。

10月の本試験へ向け、あなたの製図学習の質を上げる!
エスキスでつまずいたときは、es-naviサポートサービスへ!!

=============================

★平成29年版 一級建築士設計製図試験対策「がっちり合格ノート」販売中!
『es-navi』(がっちり合格ノート+エスキス学習ノート+Myカルテ)は、「ご購入・お問い合わせ」より。