Movie05 1

【受講生からの質問】課題分析について(ゾーニング)

【生徒さん】

エスキスワークブックでの解答例との比較については、解答例と同じようになる事が目的なのでしょうか。
左右反転が多く、なかなか上手くいきません。
コマ数や外形は似ているのですが、コマ差には少し違いがあり、参考になるところは取り入れていこうと考えています。

【アミクミアンサー】

解答例との比較で、左右反転が多いとのこと。

これは大きな計画ミスにつながる危うさも含んでいる悩みと言えます。

そうなってしまう原因を、エスキスワークブックでやるような課題分析で見つけてほしいのです。

課題分析の目的は、解答例と同じようになることではなく、
自分が解答例のような解釈ができなかった理由を探し、課題文解釈の精度を上げていくことです。

解答例とコマ数や外形が似ているのであれば、
外形の検討や面積の検討はできているように感じますので、
やはり課題文の解釈に問題が潜んでいそうです。

条件を正確に整理しきれておらず、
外部と内部の条件を的確につかみきれていないことが原因かもしれません。

最初のイメージをつかむときに、外構の位置を変えたパターンも検討していましたか?

課題文から想定できる配置のパターンは一つではありません。
大きな条件に抵触しない範囲で、外構や管理入口について東西の位置を変えたりするだけで
内部のプランは大きく変わってくるはずです。

内部計画について、一つ先の可能性まで読み取れていないことが
今の悩みの大きな原因です。

プランの可能性を読み取るための学習を進めましょう。

 

前述したような“プランを先読みするためのゾーニング”については、2/9配信のmovie05で解説しています。

movie05では、単純な条件を与えて、プランの方向性を先読みするためのゾーニングの考え方の解説をしているので、

  • 外構や管理の位置を変えた場合、内部計画はどう変わるのか
  • 利用者用のゾーンにある大空間の位置や向きを変えたら内部計画はどう変わるのか

動画を参考に、そういった形で条件によるゾーニングの変化を考察し、
パターンによって「キーになる4要素」がどんな配置になるかを考えると、
プランの先読み力がメキメキ付いてきます。

 

今日は金曜日です。

動画を見たら、課題をやりたくなると思いますので
是非、考え方を取り入れてください。

頑張りましょう!

 

<今日のキーワード>

ゾーニングの方向性(がっちり合格ノート3章・4章・5章 movie04,05 参照)

該当部分を再確認してください。

 

10月の本試験へ向け、あなたの製図学習の質を上げる!
エスキスでつまずいたときは、es-naviサポートサービスへ!!

=============================

★平成30年版 一級建築士設計製図試験対策『es-navi』販売中!
詳しくはコチラ