ツイッターアカウント

判断ミス、注意力の欠如で勝負は決まる

この時期、どんな勉強を進めようかと迷子になっていませんか?

採点のポイントや言葉の定義を再確認し、判断力を強固なものにしてください。

以下にツイッター投稿よりまとめます。

↓↓↓

平成30年本試験採点のポイントを再確認。

【空間構成】
①建築物の配置計画
②ゾーニング・動線計画
③要求室等の計画
④建築物の立体構成等

【建築計画】
①建築物のパッシブデザインの計画
②要求室の機能性・快適性等
③図面、計画の要点等の表現・伝達

【構造計画】
①建築物の構造種別・架構形式・スパン割り等
②温水プール室の構造計画
③振動及び騒音対策
④地盤条件を踏まえた基礎構造の計画

【設備計画】
①設備スペース及び設備シャフトの計画

【設計条件・要求図面等に対する重大な不適合】
①「要求図面のうち1面以上欠けるもの」、「計画の要点等が完成されていないもの」又は「面積表が完成されていないもの」
②地上3階建てでないもの
③図面相互の重大な不整合(上下階の不整合、階段の欠落等)
④建築面積が1164.8㎡を超えているもの
⑤床面積の合計が2,300㎡以上、2,800㎡以下でないもの
⑥次の要求室・施設等のいずれかが計画されていないもの
(温水プール室、更衣室A、多目的スポーツ室、トレーニングルーム、ダンススタジオ、キッズ用プレイルーム、更衣室B、健康相談室、コンセプトルーム、エントランスホール、カフェ、事務室、多機能トイレ、便所、機械室、エレベーター、屋外テラス)
⑦その他設計条件を著しく逸脱しているもの

 

去年の採点のポイントだからとあなどるなかれ。

今年の課題にも通ずる普遍的な項目を見つけることができます。

 

最初にふるいにかけられるのは【設計条件・要求図面等に対する重大な不適合】だと分かりますね。

これらに該当してしまったら有無を言わさず失格なんです。

未完成、階数違反、図面間の不整合、建蔽率・指定面積範囲違反、主要な要求室の欠落

これらは即失格なんです。

 

受験指導サービスから与えられる情報だけでなく、採点のポイントを自分の目で確認すると、

プランニングにかかりもしない初歩的とも言えるミスがいかに馬鹿げたミスか分かるはずです。

これまでの努力を無にするんですから。

 

あなたの頑張りは、そんなに軽いものではない。

だからこそ、この部分には絶対に抵触してはいけない。

そんな強い意志で取り組むこと。

 

ここから「絶対にもらさない項目」を再確認し、失格項目や大減点項目予防のためにエスキスを仕上げてください。

判断ミス、注意力の欠如で勝負が決まります。

それらを避ける方法を徹底的に構築すること。

 

※自学シェアの受付について→es-navi自学シェア

※バーチャル製図教室運用への移行に伴い、es-navi添削は本年までのサービスとなります。
エスキスを丁寧に添削してもらい考察を深めたい受験生は是非ご利用ください。→es-nai添削

******************************

スタディ・ラボからのご案内は、ライン@先行でお知らせしています。
あなたのお友達登録をお待ちしています!


友だち追加

↑ クリック!

——————————————————————————————————–
エスキスでつまずいたときは、es-naviサポートサービスへ!!

2019年合格パックの動画配信が始まっています。

動画の視聴は下記URLより、【動画配信ID】と【動画配信パスワード】を入力し
ログインしてください。

■受講生専用ページはコチラ→ 受講生専用ページ

——————————————————————————————————–