本試験に向けた最終仕上げ3つの軸

  1. 課題プログラム「美術館の分館」の理解
  2. 手順の最終確立
  3. 6時間半のタイムマネジメント

バーチャル製図教室【8/9開講 本試験対策講座】

3つの軸で本試験に向けプロセスの最終仕上げに入ります。

【講座の目的】

  1. 課題プログラム「美術館の分館」の理解
    関連→美術館、分館の機能、コミュニティの機能
  2. 手順の最終確立
    手順の役割を再確認
    ブレない思考の確立
  3. 6時間半のタイムマネジメント
    「決定」に使える時間をマネジメント

【課題】

  • 美術館の分館 (3階建て)

【開講期間】(5週間中、最後の1週間は掲示板の復習や交流のために設定)

  • 8/9~9/16(約5週間)
    課題・ディスカッションに4週間、資料や掲示板確認・復習・意見交換に約1週間

 

【講座の流れ】※進行により、テーマに沿った形で内容を一部変更する場合があります。

  1. es-navi課題を解く(1回目)
  2. エスキス提出
    エスキスは、1/400の描き込みを詳細まで行う。余力があれば図面・要点も提出してよい。
  3. 考察①(ディスカッション)
    主テーマ:「美術館の分館」「タイムマネジメント」「各種チェックのタイミング」
  4. エスキス返却
  5. 考察②(ディスカッション)
    主テーマ:エスキスの総仕上げ「ゾーンの配置計画とボリューム計画のつながり」
  6. 再エスキスを提出(2回目 任意)
    定着の確認、1回目エスキスと再エスキスの比較、参加者での共有

【スケジュールの概要】

■1週目

  • 8/9(金)掲示板公開
  • 8/12(月)課題公開

■2週目

  • 8/19(月)
    ※1回目エスキス提出(プラン、要点は余裕があればでよい。プラン・エスキス・要点は添削します。)
    ※宿題①提出
  • 8/19(月)~8/25(日)
    ※エスキス返却、考察①ディスカッション

■3週目

  • 8/26(月)~9/1(日)
    ※参加者エスキスについてディスカッション
    ※再エスキス

■4週目 → 宿題や提出物はここで終了

  • 9/2(月)~9/8(日)
    ※再エスキス提出
    ※再エスキス添削返却

■5週目 → この期間に掲示板の内容や資料をゆっくり確認できる

  • 9/9(月)~9/16(月・祝)※掲示板運用最終日

【参加費】

  • 30,800円(税込)/約5週間

■内訳
・オリジナル課題・解答例 6,000円

・(1)エスキス添削・プランの添削・計画の要点添削・添削チェックリスト① 8,800円
・(2)エスキス添削・添削チェックリスト① 5,000円

・講座2回の内容に相当 5,000×2回分=10,000円
・自学シェア2回に相当 3,000×2回分=6,000円
・システム利用料 3,000円

計38,800円 → 30,800円 (税込)※添削・講座セット割適用で8,000円off

(参考:他社さん塾 2回/月→31,536円/月)

【返却物】

■1回目エスキス提出後の返却物
※問題点の把握に活用

  • 添削チェックリスト①
  • エスキス添削
  • プラン添削(提出者のみ)
  • 要点の計画添削(提出者のみ)

■2回目エスキス提出後の返却物
※改善できた点、定着を確認

  • 添削チェックリスト①
  • エスキス添削

【返却物イメージ】

添削チェックリスト①
(理解度を評価、個別に配布)

プラン添削

エスキス添削
※提出必須

計画の要点添削

再エスキス 添削チェックリスト①
(理解度を評価、個別に配布)

再エスキス添削

エスキス 添削チェックリスト①

右向き

再エスキス 添削チェックリスト①